主婦がFIREするまでの道のりを実況するブログ

元公務員ママがFIREに辿り着くまでの出来事を、忖度なしに語ります。

【激務からの解放】ブラック部署の公務員が転職するべき4つの理由

f:id:ChucoMom:20210711231834p:plain

公務員は楽な仕事で安定できると思われがちですが、それは一部の部署の話。

 

「仕事にやりがいを感じているが、残業続きで心身ともに消耗している・・・。」
「このままでは結婚・出産の時期を逃してしまうかも知れない・・・。」

人員削減や国からの業務増加により、次のように感じている公務員の方は多いのではないでしょうか。

局総務課にいた筆者が、こういった悩みに答えます!

 

本記事の内容

  • ブラック部署の公務員が転職するべき4つの理由
  • 民間企業への転職は難しくない
  • 後悔しないために転職する前に知っておきたいこと

この記事を書いている私はアラサー元公務員ママ

民間企業から公務員に転職し、区役所勤務を経て本庁にて採用・人員配置を担当していました。

結婚を機に退職し、現在は子育てをしながらフリーランスとして物販事業・Webライターなどをしています。

【脱・激務】ブラック部署の公務員が転職するべき4つの理由 

f:id:ChucoMom:20210711231408j:plain

悠々自適な公務員生活を送っている方は別として、

定時が終わってからやっと自分の業務が始まる、といった本庁アルアルの激務部署の公務員は、転職の準備をすることをおすすめします。

その理由は、以下のとおりです。

有能な職員ほど激務部署に配置される

公務員(事務職)の職場には次の2パターンがあります。

①一般的にイメージされる窓口業務な(区役所など)
②業務量・業務内容ともに激務である部署(本庁など)

この記事を読んでいるあなたは、きっと後者に属している方ではないでしょうか。

「この激務を乗り越えれば、次は希望の部署に異動させてもらえるかも。」
「しんどいと言っても、あと数年我慢すれば済む話だし…。」

 このように考える方もいるかと思いますが、人員配置をやってきた筆者としては、その考えはおすすめできません

なぜなら、一定以上の規模の自治体の場合、あなたの希望や都合で人事異動が組まれることはないからです。

 

もちろん、たまたまタイミングが合って、希望部署に異動する場合もありますが、ほとんどの場合はそうはなりません。

大きな組織内で玉突きをする人事異動においては、一人ひとりの都合などは考慮できないからです。 

 

異動希望が優先されるのは次のような特別な事情がある場合です。

・親の介護が必要
保育所の送迎が必要
・持病がある
・遠方から通っている etc..

これらの事情を抱える職員は、バリバリ働けてしまうあなたよりも優先されるのです。

 

つまり、あなたがいくら頑張って成果を上げていても、希望した部署に異動になる保証はなく、むしろ優秀であるほど、忙しい部署に配置され続けることが多いのです

 

余談になりますが、私は総務課でこの事実を知り、自分の人生を顧みたときに、公務員をやめることを決意しました。

 

 

職場のストレスが人生を台無しにする

今まさにあなたが苦しめられている職場のストレス。

これは、単に身体を休めることで解決する簡単なものではありません。

 

精神的なストレスはまず身体に現れ、その身体のサインを無視し続けると鬱などの精神症状となります。

そして一度でも鬱になると、回復には時間がかかります。 

私は、休職関連業務も経験しており、休職後に体調が回復せず、無給期間に入るタイミングで退職する職員を多く見てきました。

さらに、回復して復職できたとしても、休職したという人事記録はあなたの役所人生に付いて回るのです。

 

また、女性の場合、ストレスから生理が止まったり、不妊などの原因になる場合があります。

 

実は、私の姉は現役の公務員です。

姉は激務部署に勤務していたとき、流産をしています。

100%仕事が原因とは言えませんが、当時の仕事のストレスは相当のもので、影響がなかったとは言えないと思います。

仕事の責任感と赤ちゃんを守ろうとする気持ちの葛藤、流産したときの悲しみは、見ていて本当に辛かったです。

 

結婚や子供がすべてとは言いませんが、豊かな人生のために働くのに、仕事が原因で人生を振り回されていたら本末転倒ではないでしょうか。 

福利厚生は、活用できなければ意味がない。

とは言え、多くの方(特に女性)にとって、公務員ほど福利厚生が充実している職場はありませんよね。

 

ただ、大切なのは、実際にその制度が気持ちよく活用できているかどうかです。

  • 誰かが産育休に入ると周りの人の業務が増えちゃうな。
  • 生理休暇があるが、恥ずかしくて申請できない…。
  • 仕事が忙しくて有休が余って消えていく。

こんな状況は珍しくないのではないでしょうか。

制度として存在していても、気持ちよく利用できる環境がなければ意味がありません。

本当に安定と言える?公務員の安定神話。

「でも公務員の安定を手放すなんて…。」

そう周りから言われる方も多いと思います。

確かに、雇用面においては公務員は安定していると言えます。

民間企業とは異なり、AI技術が進歩して公務員の業務が減ることがあったとしても、それが原因で公務員がリストラされることはないからです(採用人数は減るでしょう)。

 

ただ、人生全体で考えた場合、このような状況は「生活の安定」と言えるのでしょうか

・突然の昇任で残業が増え、家族と過ごせない。
・介護等が必要になり、フルタイムで仕事ができなくなった。
・激務職場でしんどくなり休職入りし、給与が出なくなった。

公務員は、職場に人生の手綱を握られるリスクが非常に大きいと言えます。

 

 

【あなたはハイレベル人材】民間企業への転職は難しくない

民間企業への転職は難しいと思う方もいるかと思いますが、そんなことはありません。

なぜなら、公務員試験を突破し、巨大な組織の中で日々の仕事をこなしているあなたは、社会全体で見ると非常にハイレベルな人材だからです。 

 

仕事に自信がないという方もいるかもしれません。

しかしそれは、単に今の部署が合わないだけかもしれません。

 

公務員の場合、業務の幅が広いため、適材適所の配置がされているとは限りません。

長期的な人材育成計画として、意識的に苦手な業務の部署に配置されている場合もあります。

民間企業の場合は、なにより会社の成長が優先されるため、わざわざ苦手を克服させるために異動を組むことはありません。

 

つまり、自分の得意な仕事ができるため、心配することはないのです。 

 

得意なことが見当たらない、という方がいるかもしれませんが、公務員経験で培われた「組織力」「責任感」「ルールを守る力」を評価してくれる会社は必ずあります

 

以上の理由から、繰り返しになりますが、公務員の経験があれば、ほとんどの民間企業でやっていくことは難しいことではないのです。

【後悔しないために】転職する前に知っておきたいこと

f:id:ChucoMom:20210711231310j:plain

労働組合に相談してみよう

労働組合に加入している方は職場の分会長などに相談してみるのも良いですね。

昔ほどでないとは言え、労務に対する労働組合の影響力は大きいです。 

現状がなにか良い方に変わる場合もあります。 

 

 

転職先と業界は慎重に選ぼう

転職した企業とうまくやっていけず、さらに転職するとなると一気にハードルが上がります。

あなたが会社に求めること(給与や福利厚生など)を明確にし、必ず面接等において確認するようにしましょう。

 

また、業界選びも重要です。

今後伸びていく業界を転職先に選ぶことをおすすめします。

これは、民間企業の場合、その業界の景気が会社の経営に大きく影響するためです。

業界全体が落ち込んでいる会社では、どれほど頑張ってもなかなか結果がでないことがあります。

 

やりがいを感じて仕事を続けられるように、丁寧に転職活動しましょう。

公務員ブランドは活用しておこう

仮に大企業に転職できたとしても、公務員の方が銀行の信頼は厚いです。

住宅購入を検討されている場合は、公務員のうちにローンを組んだ方が良いでしょう。

銀行は、年収2000万円を超えるようなベンチャー企業経営者よりも、公務員を大切にします。

転職活動の始め方

転職することは不安でも、転職活動をすること自体はノーリスクです。

転職エージェントより役に立つ情報

さあ、転職するぞ!!と思われている方は、ぜひこちらのYouTubeを参考にしてみてください。

実際にホワイト企業に転職を成功させたサラタメさんが、ホワイト企業への転職について詳しく紹介されています。

www.youtube.com

 

おすすめ書籍

転職活動を開始する方はもちろん、まだそこまで気持ちが追い付かない…という方も、ぜひこれらの本を読んでみてください。

何のために働くのか。幸せとはなにか。人生とは何か。

仕事に追われると見えなくなる本当に大切なものが見えてくるはずです。

 

『嫌われる勇気』

 ▲アドラー心理学の考え方が対話形式でわかりやすく解説されています。

騙されたと思って読んでみてください。
あなたの人生を幸せにするのはあなたしかいない。
すべての悩める大人たちの心に刺さる名著です。

 

YouTubeのおすすめ要約動画はこちら


www.youtube.com

 

 

『金持ち父さん貧乏父さん』

 ▲公務員の父を"貧乏父さん"と呼ぶ、公務員としては「けしからん!」と言いたくなる1冊。

でも、この本を読めばその理由がわかります。
筆者もこの本を読んでお金に対する考え方が変わり、これまで窮屈な人生を送っていたことに気付きました。

 

YouTubeのおすすめ要約動画はこちら(①~③)


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

最後に 

いかがでしたでしょうか。

この記事が、職場で苦しんでいる公務員の方の心に刺さり、行動するきっかけになればと思います。

楽しく働いて幸せな人生を送るため、一歩踏み出して転職の準備を始めてみましょう!